軽井沢通の定番!スーパーツルヤ

「お土産を買うにはどこが良いですか?」

と訊ねられた時、迷わずお勧めしているのは

スーパーマーケットの「ツルヤ」さんです。

別荘族も御用達のこのスーパーは、安くて新鮮な食材や

地酒にワイン、チーズなども豊富に揃っているだけでなく

お土産にもぴったりの信州のものが沢山あります。

ほんの一部ですが、ご紹介♪

 

正面口から入ると、まずは新鮮な野菜や果物が。

高原野菜に種類豊富なキノコ、果物などなど♪

 

続きまして、お酒コーナー。

信州の地酒や地ビールも揃っています。

 

ジャムやジュースもものすごい品揃えです!

 

お漬物も充実しています。

お勧めはこちら、長芋浅漬。大量購入している人も。

野沢菜も美味しいですよ。

 

ちょっとマニアックですが、「しなの黒豆っ子」は

お料理の味付けに重宝します。お勧めは肉味噌♪

 

マニアックついでに、牛乳パンのバタークリームもご紹介。

やみつきになるのでちょっと危険です(笑)

 

お菓子コーナーでのお勧めは「そばくるみ」!

とまらない美味しさです…。

かさばらず、軽いのでお土産にぴったり!

 

その他にも、「もちもちどらやき」や・・・

テナント「花岡」さんのお菓子も、おやつやお土産にお勧めです♪

 

スーパーツルヤは、ライラックから約1.2km。

湯川ふるさと公園にも隣接しているので

お散歩がてら、歩いて行かれるお客様もいらっしゃいます。

軽井沢に来るたび買いたくなる「お気に入り」を探してみてください♪

Filed under: おすすめスポット,お土産におすすめ — lilac-karuizawa 22:01  Comments (5)

絵本の森美術館&エルツおもちゃ博物館

塩沢にある「絵本の森美術館」と「エルツおもちゃ博物館」は

大人も楽しめるミュージアムです。

すぐ近くにある「軽井沢タリアセン」と並ぶ人気スポット。

「絵本の森美術館」では懐かしい絵本達と出会えるだけでなく、

イギリスの有名ガーデナー、ポールスミザー氏が手掛ける

ピクチャレスク・ガーデン」も魅力です。

お庭を歩いているだけで心が洗われるようです。

現在は牧野鈴子さんの原画展が開催されていました。

(画像は「絵本の森美術館」ホームページより)

幼い頃に読み聞かせてもらった「おやゆびひめ」の世界に

思わず引き込まれ、原画の美しさに驚きました。

 

道路を挟んで向かいにあるのは「エルツおもちゃ博物館」

展示されているのは外国のくるみ割り人形やキャンドルスタンドなど、おもちゃというよりは芸術品!

私のお気に入りはミュージアムショップです。

ショップは無料で入れるのですが、

ミュージアムに展示されているような素敵なキャンドルスタンドや

プレゼントにも良さそうな木の玩具、

クリスマスオーナメントなどが販売されています。

そういえば、ライラックのフロントで皆様をお出迎えしているこの子も

このミュージアムショップからやってきました。

「ぼく、おじきが得意です」 ペコリ。

ワンくんのボディパーツが、土台の下に入っているプレートと

繋がっていて、微妙な押し方で絶妙に動いてくれるのです。

 

隣接のカフェ「ルーエ」も綺麗なお庭に囲まれて

心地よい時を過ごせそう…

(こちらも入場料は不要です)

軽井沢らしい時間の流れる「ムーゼの森」…癒しの場所です。

 

Filed under: おすすめスポット,癒しの場所 — lilac-karuizawa 23:54  Comments (0)

提携店♪「ビストロじゅん」

※こちらの店舗は2017年春まで休業中です。

 

軽井沢ならではの美味しいものを食べたい!

帰りの「足」を気にせず食事を楽しみたい!

そんな方におすすめの、

大好きなビストロと提携させていただけることになりました。

ライラックから一本道を350m、「ビストロじゅん」さん。

軽井沢らしい素敵なお店です。

店内も落ち着いた雰囲気。

お料理は素材を大切にした欧風創作料理です。

シェフは軽井沢店開業前には宮城県塩釜市で活躍されていたそうで

海から離れたこの軽井沢で、網本直送の新鮮な魚介と

地元高原野菜との共演をも楽しめるのが最大の魅力です。

信州塩豚と高原キャベツ煮の鍋仕立て。

美味しいお料理に、お酒が進んでも大丈夫♪

お散歩がてら、歩いて5分程で帰れます。

こちらはお店自慢のタコめし!ほっとする優しい味です。

 

ライラックにご宿泊のお客様には、ディナーでご利用の場合

食後にコーヒーか紅茶のサービスがあります!

こちらでご予約をしますので、ご利用の際はライラックへご連絡下さい。

記念日などにもおすすめです。

 

Filed under: おすすめレストラン,提携店 — lilac-karuizawa 18:18  Comments (2)
2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930